オンラインギャラリー / Online Gallery

No.15 熊本大好きだモン

中島 文恵 さん

妊娠当時、岐阜に住んでいました。実は前の年に妊娠20週2日で流産を経験しています。原因不明で胎胞が出てしまい、どうする術もなく助ける事が出来ませんでした。この子を出産したのは、私の故郷の熊本です。出産予定日まではまだ5ヶ月もあり、お正月の帰省時に出血し、入退院を繰り返し岐阜へ戻ることなく出産に至りました。息子を救ってくれた場所、素晴らしい先生方に恵まれたのが熊本です。次の年、私たちは熊本へ移り住み現在に至ります。息子にも、自分の命を救ってくれた熊本を愛し大切にして欲しいと願っています。

【生まれた時のエピソード】

前年、原因不明の胎胞脱出で妊娠20週2日で突然息子を亡くしました。この子を授かってからも妊娠経過は順調でしたが、同じ19週にさしかかった頃に出血し病院へ。また同じ症状で胎胞が出ていて、医師からは「産むか産まないか今決断して下さい!産むなら今から救急車で大きい病院へ向かいます!」といわれました。当時住んでいた岐阜に主人を、帰省中の熊本の実家へ上の幼い娘を残し、バラバラになりました。搬送先の病院、曜日、時間帯すべてに恵まれ、産科の医師全員で手術にあたって下さったと聞きました。稀なケースの手術らしく、産科部長の医師から「この子が無事に産まれてきてくれたら、私にとって初めての子です」とまで言われました。入退院の後、破水して緊急帝王切開で切る直前に、自分の力で産まれてきてくれました。小さな身体で、この世に産まれて来てくれたとても勇気のある息子に勇心と命名しました。

お名前:
中島 勇心 くん
誕生日:
2012年3月
生まれた時の体重:
1068g
生まれた時の身長:
35.5cm
生まれた時の妊娠週数:
28 週
出産時のお母さんの年齢:
29 歳

※本ギャラリーでは、皆様よりご応募いただいたエピソードの文面をそのまま掲載しております。

早産児についてもっと知りたい人へ

※「スモールベイビー.com」へのリンクです。