オンラインギャラリー / Online Gallery

No.12 夢のわくわく科学実験

けいちゃんママ さん

今は夢のような事も、子供が大きくなる頃には科学の進歩で夢が現実になって欲しい…と願いを込めてこのアートにしました。
科学の進歩=医療の進歩でもあると思います。
小さく産まれても、未来は大きい?
たくさんの事を知って、経験して楽しんで欲しいです。

【生まれた時のエピソード】

元々、高血圧なうえに胎児発足遅延という事で27週で入院。その後、切迫早産で30週に帝王切開で出産しました。
まさか自分が早産になるなんて思ってもみませんでした。
出産後2日目の夜、夫に車椅子を押してもらいNICUへ…。小さくて腕も足も細く、チューブがたくさんついた我が子、正直初めて見たときはとても怖くてちゃんと生きてくれるのか…マイナスな事しか考えられませんでした。
だけど、けいちゃんは一生懸命生きようとしてくれていました。
パパやママ、ねえねやじいじ、ばあばもけいちゃんが元気になって退院する日を待ちわびていました。
7歳のお姉ちゃんと仲良く遊んでる姿を見ていて、子供って存在は本当に愛しいなあと実感しています。

お名前:
けい ちゃん
誕生日:
2015年5月
生まれた時の体重:
1170 g
生まれた時の身長:
37 cm
生まれた時の妊娠週数:
30 週
出産時のお母さんの年齢:
27 歳

※本ギャラリーでは、皆様よりご応募いただいたエピソードの文面をそのまま掲載しております。

早産児についてもっと知りたい人へ

※「スモールベイビー.com」へのリンクです。