オンラインギャラリー / Online Gallery

お兄ちゃんになったと実感した息子の笑顔

三笠 香織さん(広島県・女性)

1ヶ月早く産まれた息子。小さいながらも沢山の人に愛されながら成長しました。4才になったある日、お母さんのお腹に赤ちゃんがいることを知ると「僕だけのお父さんお母さんじゃなくなる」と泣きました。その後、予定より4ヶ月早く在胎23週の小さい妹が産まれました。5ヶ月間NICUの面会を楽しみに通い、待ちに待った妹の退院の日。嬉しそうに妹をおんぶする息子。お兄ちゃんになったと実感した笑顔。成長を感じた瞬間でした。

(写真撮影時の年齢:0歳5カ月 , 5歳)

【生まれた時のエピソード】

33週で切迫早産と診断され、そのまま入院。体調も安定してきて退院間近の35週の時、突然胎児仮死となり、赤ちゃんの心拍が下がってきているとの事で、緊急帝王切開手術となりました。あまりにも突然の出産でびっくりしました。しかし、一生懸命泣いた息子を見て、そして一瞬だけ握手させてもらうと今までの不安と、無事であったことに安心して涙が出ました。出産の日は突然でバタバタであり、一枚も写真がありません。でも、私にとっては大切な思い出です。

お名前:
三笠 玲於くん・世菜ちゃん
誕生日:
2007年6月・2012年3月
生まれた時の体重:
1,938 g・564 g
生まれた時の身長:
44.3 cm・30 cm
生まれた時の妊娠週数:
妊娠35週・妊娠23週
出産時のお母さんの年齢:
29歳・34歳

※本ギャラリーでは、皆様よりご応募いただいたエピソードの文面をそのまま掲載しております。